安心できる賃貸物件の必須条件

SERCH
NAVIGATION

病院と賃貸マンションについて

私は現在精神科の病院で勤務しているのですが、今年の秋に新設の病院を建設予定です。その際に敷地内に賃貸アパートを建設して病院が経営する予定となっていて今は工事中です。5階建ての市営住宅の様な大きさにするようで、大規模のように感じています。病院が今回賃貸マンションを建設しようとした理由としては、患者さんを退院させる事と、病院自体の収入の増加のようです。今現在病院には200名以上の患者さんが入院されており、ほとんどの患者さんが高齢者で60歳以上が7割を占めています。家族の方とも疎遠でホスピタルの様な状況となっています。病院のベッド自体が古い患者さんが退院しないために、新しい患者さんが入院出来ずに利益がなかなか上がらない状況です。

国の政策自体が最近では長期入院の患者さんを退院させるような動きがあるために、病院としても苦渋の選択で賃貸マンションを建設してそこに退院させようと考えているようです。今はそんな病院が増えているとの事でした。病院から近いために訪問看護もしやすく診療報酬も沢山稼げるために、利益も上がり、マンションの建設のためにローンを組んでも賃貸経営をするために元はとれるというよいサイクルになるようです。患者さんも退院で来て病院の利益も上がり双方にとってよいのではないかと感じています。今後はマンションの管理などについて色々と細かい決めごとなどを決めていくようで私自身もその事業に関与しているために色々と勉強していきたいと感じています。