安心できる賃貸物件の必須条件

SERCH
NAVIGATION

賃貸に入居する時に必要な事

賃貸物件と言えば、自分のタイミングで退去出来ます。そのため引っ越すのが好きだ、色々な所に住みたいと言う人にもお勧めです。しかし、自己所有という訳ではないので、退去する時は入居時の状態に戻しておく必要があります。とは言っても、経年劣化は避けられません。経年劣化によって傷んだ場所なのか、過失によって傷んでしまった場所なのかを退去時には明らかにする必要があります。

そこでまずは入居前にしておく準備があります。荷物が全く入っていない状態の時に部屋の隅々までチェックしておきましょう。また、気になる部分は写真を撮っておく必要があります。デジカメで撮影する場合は出来ればプリントアウトしておきましょう。また日付は必ず入れて置く必要があります。こうすればその時に撮影した写真だと証明する事が出来るので、退去時の証明にする事が出来るはずです。

賃貸は手軽に入居ができ、退去も手軽に行う事が出来るのが魅力です。しかし自己所有ではないので傷んでいる部分が出てしまうと、それを修理・修繕する必要が出てくる事も少なくありません。自分が傷をつけた場所ではない所まで修理する事にならない為にも、入居前に必ず部屋中のチェックをしておきましょう。またキッチンに焦げを見つけたとか、浴室の傷み等を発見した時は、事前に管理会社にこの状態でも良いかを見ておいてもらう事も重要です。そうすれば自分が傷をつけたわけではないと言う証明にもなります。